スライス克服に試す価値あり!たった1分「体が開く」を矯正する方法

総合評価★★★★☆
YouTube評価数56|ためになる度90点|尺1分25秒|動画公開日|2013/05/13

スライスの原因は体の開き。超おすすめ!坂本龍楠プロのスライス矯正法

多くのゴルファーを悩ませるスライスボール。

スライスの原因の多くは体の開きにあります。

ゴルフのスイングでは、体が開くことで、クラブのヘッドより「腕」と「手」が先に行き、必然的にクラブフェースは開いてしまいます。

この状態でいくらスイングを修正しても結果はスライスしか出ませんよね。

ゴルフ初心者、ドライバー、アイアンともにつかまった球が打てない方、クラブをいくら振ってもスライスにしかならないゴルファーにとって、とても参考になる、スライス克服のヒントになる、是非とも試していただきたい坂本龍楠プロによる人気の動画です。

ゴルフスイングの基本である、『体』と『腕』の回転のタイミングについて非常にわかりやすく解説してくれています。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

こんなゴルファーにおすすめのレッスン動画

  • ドライバーのスライスを克服して飛距離をアップしたいゴルファー
  • ラウンド中のスライスボールを矯正する方法が知りたい方
  • ゴルフスイングの体と腕のバランス、リズムのコツ分からない方

【スライス克服動画】「身体の開き」には手打ちではなく腕を振る練習で調整しましょう。

動画のポイント|体と腕のタイミングで「体の開き」を矯正

  • 体が突っ込む、ヘッドが垂れてしまう人は腕を振る練習が有効
  • 体を速く回転した結果、手だけでインパクトしてしまう
  • 足を閉じたまま腕を振る(スイングする)練習が有効

ゆっくりスイングで分かるスライスの原因

体の開きがどうしても早くなってしまう方は、この坂本龍楠プロの動画のレッスンは非常に有効です。

体の開きが早くなってしまった結果、理論上どうやっても『手』だけであわせたインパクトになってしまいます。

その結果、どうやってもフェースが開いてしまい『スライス』になってしまっている方が多いのです。

ホンマかいな?

と、思いの方は、是非ともゆっくりスイングで、体を開いたスイングで、ボールをインパクトする位置まで戻してみてください。

確実にフェースが開いているはずです。

ちなみに、最悪なのは手首で無理やりフェースを返してしまう事です。

僕のようにチーピン地獄に陥りますよ…。

坂本龍楠プロのレッスン動画が教えてくれているように、ゴルフスイングの基本は『腕の振り』と『体の回転(開き)』のタイミングなのです!

試した結果

ため池ゴルフ練習場の
ティーショットの際、このルーティンから入るプロゴルファーも多いようですね。

このレッスン動画を見てから僕は必ず、ティーショットを打つ前に、このルーティンを取り入れることにしました。

すると、腕と体のリズムが掴め、圧倒的にスライスボールが減りました。

ありがとうございます、坂本プロ!

僕の場合「飛ばしてやろう」と思った時ほどスライスになり安いため、必ずこの動画を脳内再生することにしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はスライスを矯正するために効果的なメソッドをご紹介しました。

わざわざ練習場に行かなくても、家の庭でお手軽にできるスイング方法です。

また、練習場ではこの「両足を閉じて打つ」事で、正しいリズムとインパクトがお分かりいただけると思います。

最後に

スライスの矯正、克服にはこちらも効果があります!【いいね】の数300!

堀江貴文氏も絶賛!ドライバーの傘を使った練習法

スライス矯正に効果バツグン!たった5分で分かるスライス矯正動画

スライスで悩むすべてのゴルファーに「シェア」「いいね」をお願いします!

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事