100切りのパッティング!パターの打ち方、コツは動画でマスター

総合評価★★★★☆
YouTube評価数36|ためになる度90点|尺3分18秒|動画公開日2015/01/06
0からやり直す 本当のゴルフの教科書 ~常識をくつがえす 桑田 泉のクォーター理論~

パッティングのコツとルーティンが分かる!桑田泉プロ3分動画

前回のラウンドでは3パット3回でスコアは102。

チクショー!またまた100切りは達成できず…。

パッティング数が、ゴルフスコアに占める割合は、なんと40%とも言われています。

是が非でも、入れるパターの打ち方を手に入れたいゴルファー必見、クォーター理論で有名なティーチングプロ、桑田泉氏による、パターレッスン動画をご紹介します。

特に、ショートパットの場合、パターを打つ前のルーティンを身に付けることで、カップに入る確率は大幅にアップします。

つまり、正しいパターの打ち方を覚えることで、スコアアップは確実。

18万回近く再生されている、桑田泉プロの素晴らしいレッスン動画で、次のラウンドで、きっと、必ず、念願の100切り間違いなしです!

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

唯一、プロと勝負できるパッティング

松山英樹 プロツアー史上最速優勝への軌跡 ~20thつるやオープンゴルフトーナメント~ 歴史を変えた4連続バーディー [DVD]
アベレージゴルファーが、松山英樹プロの300yドライバーショットを打つ事は不可能です。

アベレージゴルファーが、イ・ボミ選手のコントロールアイアンショットを打つ事は絶対に不可能です。

しかーし、僕たちのようなおっさんアベレージゴルファーでも、プロと同じように、ロングパットを一発で沈めることは理論上可能です。

そう、努力次第で、プロゴルファーと唯一、勝負できるショットこそ、パッティングなのです。

また、絶対に3パットしないパターの打ち方を学ぶことは可能です!(無論練習は必要)

こんな方におすすめのレッスン動画

  • 3パット、4パット、5パットで、ラウンド中に死にたくなるゴルファー
  • 何がなんでも100が切りたい方
  • パターの基本的な打ち方を学びたいゴルファー

桑田泉のクオーター理論「ビビらない人のパターとビビる人のパター」

パタールーティン|動画のポイント1

  1. 打つ距離にあった振り幅を決める
  2. 打つ方向(仮想のカップ)を決める

パッティングのコツ|動画のポイント2

  1. パターは距離感が最重要
  2. 実際のカップではなく、仮想カップに向けて打つ
  3. うすめに強めにパッティングすることで入る確率は上がる

ルーティンの大切さ

例えば若干スライスで下りのパッティング。

パターを打つ前、何の考えも、イメージも、準備も、ルーティンも無くカップイン。

それはたまたま入っただけ。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ではスコアメイクとは言えません。

ゴルフはパッティングに限らず、「段取り八分の仕事二分」なのです。

初心者ゴルファーや、何年経っても100を切れない悩めるゴルファーは、今すぐこの動画で、正しいパターの打ち方を学ぶ(まねぶ)べきです。

まとめ

打ちたい距離に応じた振り幅を決め、仮想カップをイメージし、その仮想カップに向け、ビビらず真っすぐ打つ!

以上3つのルーティンを18ホール確実に実行することで、確実にスコアはアップします。

以前の記事「パターの基本でスコアアップ|パターで勝ちに行く!」(クリックで記事に移動)でも書きましたが、ゴルフのスコアの4割はパターなのです。

100切り、90切り、アマチュアゴルファーの憧れシングルプレイヤーになるためには、パターをおろそかにすることは絶対にできません!

逆に言えば、パッティングをおろそかにするということは、ゴルフのスコア、もっと言えば、ゴルフそのものを、おろそかにするという事なのです。

仕事を進める上で、事前の準備がいかに重要かを表した言葉。仕事の段取りをキッチリしておけば、その仕事は8割完了したも同然であるという意味。

引用:はてなキーワード「段取り八分仕事二分」

試した結果


このパターの打ち方、ルーティンを、実際のグリーンで試してみて感じたポイントは下記の3点。

  1. 実際のカップではなく「仮想カップ」に向けて打つ
  2. 素振りで「仮想のボール」を打ち、ボールの転がりをイメージする
  3. 己を信じてビビらず打つ

この3つを実践することで、今までとは比較にならない程、カップにボールが吸い込まれていくようになりました。

自分の決めた「仮想カップ」に向け、ビビらずパッティングしてみてください。

そう、カップまでボールがとどかなければ、カップインする確率は0%なのですから!

ゴルフとは穴にボールを入れるスポーツなのだ

魅惑の穴に入れるためには、用意周到なる準備が必要です。

僕たち男はその『球』を『穴』に入れるために体を鍛え、練習に行き、最新の道具を買い揃え、最新のファッションに身を包み、論理的思考力と表現力と言語力を身につけるんです。

すべてはそう、そこにある穴にボールを入れるために!

ゴルフコースは女性のようだ。扱いによっては楽しく、まったく手に負えないこともある。

トミー・アーマーの言葉より

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、パターの打ち方のコツがわかる動画をご紹介しました。

パター記事はこちらも確実に入ります。

もう二度と外さない!ショートパットの打ち方

確実に穴に入れたいゴルファーの為に「シェア」「いいね」をお願いします!

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事