さあ、今すぐ前傾姿勢を確認!前傾姿勢のキープこそゴルフ上達のコツ

総合評価★★★★☆|YouTube評価数41|ためになる度90点|尺6分00秒|動画公開日016/01/21
藤井誠プロ

藤井誠プロが伝授。前傾姿勢のキープこそゴルフスイングの基本

冬の雪の影響でゴルフ場はクローズ。しかし練習場は絶賛オープン中です。

今回ご紹介する動画はゴルフの上達はもちろん、体力アップ、ダイエットにもつながります。そう『練習場は研究室』なのですから。

ゴルフにおいての前傾姿勢とは、まっすぐ、遠くに飛ばすため、最も基本的で重要なことです。しかし、意外と前傾姿勢が崩れてしまっている為に、正しいスイングができていない方が多いのです。

「そんな事ないだろ」ですって?

それでは次回、練習場で頑張っているアマチュアゴルファーをじっくりと観察してみてください。スイングの最初から最後まで正しい前傾姿勢がとれているゴルファーが何人いるでしょうか?

もちろん自分も含めて…。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

正しい姿勢は全てのスポーツに共通

ゴルフ、野球、サッカー、バレーのような球技だけではなく、合気道、空手、柔道などの武道においても重要な姿勢。
正しい姿勢はすべてのスポーツに共通する基本中の基本です。
下記が正しい姿勢のメリットです。

  1. 疲れにくい
  2. 身体への負担が少ない
  3. 動きやすく、力を出しやすい

逆に、猫背のような悪い姿勢は下記のようなデメリットが発生します。

  1. 首への負担が大きい
  2. 腰痛の原因になる
  3. 筋肉を上手に使えない
  4. 呼吸が浅くなる
  5. 覇気が感じられない

大好きなゴルフなどのスポーツを長く楽しむためにも、正しい姿勢はとても大切なのです。

プロゴルファーの姿勢は良い

男子、女子、シニアに限らず、第一線で活躍する一流ゴルファーの姿勢は素晴らしいく良いはずです。

プロゴルファーのスイングは一朝一夕に真似をすることはできませんが、正しく素晴らしい前傾姿勢は今日からでも真似ができるはずです。

前傾姿勢の崩れ=ショットの崩れ

スイング中に前傾姿勢が崩れるとダフリ、トップ、最悪の場合は空振りにつながります。

理由は簡単です。

アドレスとインパクトで前傾姿勢の角度が変われば、当然、ボールと体の距離が変わり芯でボールを打つことが難しくなります。

逆に言えば、ボールは止まっているので、前傾姿勢を常に一定に保つことで正しいインパクトの確立が圧倒的に高くなります。

また、前傾姿勢が崩れると、クラブの入射角も崩れるのでボールが上がらない原因にもつながります。

下記のような症状の方はぜひとも前傾姿勢をチェックしましょう。

  • トップ、ダフリのどちらも出る
  • ボールが上がらない
  • 力強いスイングができない(距離が出ない)

つまり、前傾姿勢の崩れはショットの崩れにつながるのです。

ゴルフスイングで重要な正しい前傾姿勢を身に付けた結果、一気にゴルフ上達する可能性もあるのです。

正しい前傾姿勢のメリット

ここまでお読みいただいた方はもうご理解いただけたかもしれませんが、正しい前傾姿勢のメリットをご紹介します。

  • ミスショットが減る
  • 方向性が安定
  • 飛距離が伸びる
  • 番手通りのアイアンショットが打てる
  • 強くスピンの効いた球が打てる

正しい前傾姿勢のチェック方法

それでは正しい前傾姿勢のチェック方法をご紹介します。(誰かにスマホで自分のスイングを撮影してもらう方法が一番ですが)

腰の真後ろにパンツのベルトを通すところがありますよね。そこにヒモを通して真上から吊られている感覚でアドレスしてください。前傾姿勢を保てますし、打点のばらつきが減りますよ。

引用:スタンスの際に作った前傾姿勢をキープする方法について|Yahoo!知恵袋

また、決して上半身ではなく股関節から前傾させることも大切です。

体型に応じたドライバーの前傾姿勢

最近のドライバーは長尺タイプが多く、体形に応じた前傾姿勢が飛距離アップの為には重要になってきます。

女性、低身長の方は『浅い』前傾姿勢

無理に前傾を深くする必要はありません。45インチと長いドライバーを打つアドレスにおいて深い前傾はボールから距離が離れ過ぎること、そして股関節周りがロックされ、可動域が極端に少なくなるからです。

パワーのある方、高身長の方は『深い』前傾姿勢

身長の高いアスリート体型は、無駄な動きを極力抑えることで、しっかりと回転速度を上げて、インパクトにパワーを集約させることが飛ばしのコツです。

引用:M-Tracerスイング解析レッスン

こんなゴルファーにお勧めの動画

前置きが長くなりましたが、関根勉にそっくりで見ているこちらも楽しくなる藤井誠プロの最新レッスン動画(2016/01/21 に公開)をご紹介します。

こんなゴルファーにお勧めの動画です。

  • 正しい前傾姿勢が知りたいゴルファー
  • 本番のラウンドでミスショットを減らしたい方
  • ゴルフスイングの「基本」をマスターしたい方

【藤井誠ゴルフレッスン】まっすぐ飛ばすために、絶対に必要なこと!

動画のまとめ

  • アドレスの前傾角度をキープしてスイング
  • インパクト時の前傾角度が最重要
  • テイクバック時のフェースの角度と前傾角度は一致

「アイアンが飛ばない」はこの記事で一発解消。藤井プロの超おすすめ練習法。

体幹と下半身でアイアンは必ず飛ぶ!藤井プロの巻戻し練習法がスゴイ
左壁とスイング軌道が身に付く効果的な練習方法 背骨を軸としたアドレス、低く長いテークバック、左肩が...

試した結果

雪の為ゴルフ練習場閉店
四国地方に猛烈な寒波が襲来している為、ゴルフ練習場もクローズでした…。
試した結果はまた次回ご報告します。

ゴルフ初心者によく読まれている記事3本

多い日で、一日3,000PVの当サイトの記事で、特にゴルフ初心者におすすめの記事を3本ご紹介します。

何ごとも基本が大切、「学ぶ」より「真似る」ことこそゴルフ上達の最短ルートです。

当記事を含め、気になる記事があれば、ブックマークして何度も確認することをおすすめします。

止まっているボールを打つスポーツのゴルフにおいて「スタンス」は最も重要です。
ゴルフは内股?がに股?内股こそゴルフのスイングの基礎 初心者必見!

ご存じでしたか?『ゴルフスイングの軸=背骨』なのです。
迷えるゴルフ初心者よ。ゴルフスイングとは軸を中心に回転するだけ!

ゴルフ初心者必見!正しい体重移動を知り、アイアンの飛距離を伸ばすための記事。
体重移動がゴルフスイングの基本!捻転とでんでん太鼓で飛距離アップ

おすすめアイアン練習器具

僕が唯一お勧めする練習アイアン器具はLYNX(リンクス) ティーチングプロ 2 TEACHING PRO 2です。狭い部屋でもいつでも練習可能ですよ。

詳細は過去の記事、初心者ゴルファー必見。アイアン買換え前に確認すべきたった1つの事をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

動画の中で藤井誠プロも言うように、僕も含め、ゴルフスイングの初歩的な基本を意外と忘れているゴルファーは多いはずです。

この動画の練習方法を実践し、正しい前傾姿勢を身に付けることで、驚くような力強いナイスショットが打てるようになります。

次回のゴルフ練習場で、ぜひともお試しください!

藤井誠プロによる素晴らしい動画が気になった方はアプローチ練習法|藤井誠プロ「練習場は研究室」もあわせてお読みください。

ゴルフスイング5つの基本。飛距離の出るアイアンの打ち方と練習方法
『体幹』と『軸』を知ればアイアンは必ず打てる アイアンショットが、ゴルフスコア(打数)の約5割...

最後に

ゴルフを始めたばかりの頃に僕も経験がありますが、ボールがまっすぐ飛ばない、ていうかクラブにボールに当たらない、空振りまでしてしまう。

そんな親愛なる初心者ゴルファーの為にこの記事を「いいね」「シェア」をお願いします!

Amazonで最も高評価のレーザー飛距離計はこちら

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事