初心者ゴルファー必見。アイアン買換え前に確認すべきたった1つの事

・総合評価★★★★☆
・YouTube評価数197|評価率0.60%|ためになる度90点|尺1分28秒

ゴルフ初心者が飛ばない理由。それはフェースローテーションにあった

プロギアアイアン

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

こんな方にお勧めの動画

ドライバーは大好き、でもアイアンは大嫌い。
ゴルフ初心者にはこんな方が多いのではないでしょうか。

  • アイアンのスライスが直らない
  • シャンクの直し方が分からない
  • 9番と7番と5番の距離が殆ど変わらない
  • 捕まった強い球が打てない
  • そもそもアイアンの正しい打ち方を知らない

その理由はアイアンの形にあります。アイアンはL字型形状になっていて、野球のバットなどとは違い中心軸線上にクラブの重心がありません。そのため、フェースを返さない限りいくらスイングスピードを上げてもボールは真っすぐ遠くには飛んでいかないのです。

つまり『フェースローテーション』こそ初心者ゴルファーがまず最初に覚えるべきことなのです。大切なことなのでもう一度タイピングします。

「アイアンを正しく打つためにはフェースローテーションが最も大切。」なのです。

今回ご紹介する動画を繰り返し見ることで、正しいフェースローテーション(この動画ではクラブを突く動きと表現している)が必ず理解できるようになります。

百聞は一見に如かずです。それではどうぞご覧ください。尺1分28秒

フェースローテーションが必ず身につく練習法

動画のポイント

クラブを突く動きを覚える

  • 両手を離しててグリップ
  • バックスイングでは右手を上げ左手を下げる
  • ダウンスイングでは右手を下に突く
  • 体の軸を維持する

動画のまとめ

フェースローテーションを自分のモノにするための練習法

これでフェースローテーションのイメージが掴めたはずです。
おめでとうございます。これであなたは見違えるようなアイアンショットを打つ準備ができたも同然です。

しかーし。一点だけご注意ください。
当然ですが、正しいアイアンの打ち方分かってもそのスキルを身につけなければ意味がありません。

その為には下記の練習方法をお勧めします。プロやティーティングプロも推奨しているレッスンですよ。

  1. いきなり長いクラブではなくウェッジで練習する
  2. スタンスは狭く、両足ベタ足
  3. 30ヤードを狙う

ポイントは動画を脳内再生しながらのフェースローテーションの意識です。決してインパクトで力を緩めない事。つまりアプローチの練習ではないのですから。

正しい力の使い方は『横』ではなく『下』

実際にクラブを持たずにこの動きをやってみてください。何かの動きに似ていると思いませんか。そう、空手の正拳突きと同様なのです。
つまりこういう事です。

  • アマチュアゴルファーは『横方向』に力を使っている
  • プロや上級者は『下方向』に力を使っている

アイアンショットにおいて無駄な体重移動は不要なのですね。

背骨をスイングの軸として回転させるだけ、そして目標方向の横ではなく下方向に力のベクトルを変えることでボールを遠くに飛ばすことが可能になります。

試した結果

最近のアイアンは重心距離の長くなり、フェースターンがあまり必要ないと言われています。
僕がゴルフを始めたばかりの時も諸先輩方にこう教わりました。

  • 「フェースは返すな」
  • 「アイアンでもフェードボールを打てるようになれ」
  • 「払い打つイメージだ」

今考えるといつも教わっていた先輩はハンディキャップ7。僕は元野球マンの超スライサー。イメージが出るわけがありませんよね…。

「当サイト|管理人について」にも書きましたが、僕の周りにもゴルフが素晴らしく上手な方は大勢いますが、それ以上にネット上やYouTubeには超一流のプロや、ティーチングプロによる素晴らしいレッスン動画があるのです。まさしくこの動画のように。

僕はこの動画のフェースローテーションを覚えることで7番アイアンで150ヤードを狙えるようになりました。(何年かかっとんねん!笑)

ドライバーは大好き、でもアイアンは大嫌い。そんなゴルフ初心者もきっとこの動画で番手通りのアイアンショットが打てるようになるはずです。

スライスばかりのショットが軽いドローボールに変わるはずです。

高弾道のボールでピンをデッドに狙えるようになるはずです。

その為に必要なフェースローテーションを身につけてください!

まぁ、僕の場合はワンオンしてもショボチン3パットを直さないといけませんがね…。トホホ。

唯一お勧めの練習アイアン器具

フニャフニャシャフトの練習器具も購入したことがありますが、ドライバー版は良かったのですが、アイアンは僕にはあまりフィットしませんでした。

しかし下記の練習器具は未だに使っているほど重宝しています。(元は取ったぜ)
お勧めのポイントをご紹介します。

  1. 狭い部屋でもいつでも練習可能
  2. 総重量785gと重く筋トレになる
  3. フェースローテーションの確認には最適なアイアンタイプ
  4. 初心者には絶対必要な『正しいグリップ』が身につく
  5. てか安い(練習場3回分程度の値段)

最後に

いざゴルフ場での捕まった球はドライバーでのビッグドライブにも勝る快感です。
あなたも正しいアイアンの打ち方をマスターし、ご一緒にアドレナリンとドーパミンを放出しまくりませんか!

四国の片隅からかけうどんを食べながら応援、期待しております。
キープ・オン・ローリン!

こちらの記事も読まれてます。


ダウンブローは難しくない!7番150y確実なダウンブローの打ち方

次回のラウンドで100が切れそうな予感がしたら「いいね」「シェア」をお願いします!

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事