保存版|アイアン・ドライバーのフック、引っ掛けの直し方と3大原因

フック(引っ掛け)はこうして直せ!

フックの直し方
断言するが、数あるゴルフのショットの中でも最悪の球筋といえば強烈なフックボールだ。(通称:引っ掛け)

理由は簡単で、ドライバーでのティーショット、アイアンショットに限らず、左に飛び出し、さらに左へ左へと強く転がって行くフックボールは、OBになる確率が圧倒的に高いからだ。※右利きの場合

また、一度でもこのフックボールに悩まされた経験がある方ならお分かり頂けると思うが、ラウンド中に一発でもこの忌々しいフックボールが出ようものなら以下の通り、The ENDゴルフである。

  • フックを嫌がりスライスボール
  • ドライバーでもチーピン発生
  • ビビりによる身体の回転不足が更なるフックボールを生む

今回は、1年以上「フック(引っ掛け)」に悩まされた僕が、ゴルフスクールに通うことなくフックを完全に克服した経験を共有する。

フックボールの直し方が分からず、アイアンを地面に叩きつけ、引っ掛けに苦しみもがき続けるゴルファーは今すぐ確認してほしい。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

フック・引っ掛けの原因を知る

フックの原因
まずは、アイアンでのフック、引っ掛けの3大原因を知ることからはじめよう。

  1. 極端なアウトサイドイン軌道(カット軌道)
  2. インパクトでフェースが閉じている
  3. リストターンが強すぎる(右手の使い過ぎ)

意外にも、フックの原因第1位は「スライス」の原因と同じ、極端なアウトサイドイン軌道によるものなのだ。

極端なアウトサイドイン軌道のままでは、スライスが解消されないため、無理やり右手を返すことにより、スライスから強烈なフックボールが出るようになってしまうのだ。

このまま練習を続けていては、いつまでたっても根本的な解決にはならず、下手を固めることににもなりかねない。

確実にフックボールを直す3つの方法

本当にあなたがフックボールに悩んでいるのであれば、「また今度」ではなく、「今すぐ」次にあげる3つの方法を、庭先やゴルフ練習場にて試してみるべきだ。

  1. ハムストリング(太もも裏)ショット
  2. バックスイングでは左ひじを曲げない
  3. インパクト時肩を開くな

心配ご無用、効果は実証済みだ。

それでは一つひとつ見ていこう。

1.藤井誠プロ直伝!ハムストリング(太もも裏)ショット

まず最初に紹介するフックボールの直し方は、2015年11月に動画投稿開始以来、チャンネル登録者数 15,500人を数える、超人気のカリスマティーチングプロの藤井誠氏によるハムストリング(太もも裏)打法だ。

下記が、引っ掛けに効果抜群のハムストリングショットの概要だ。

  • アドレスでハムストリング(太もも裏)にしっかり体重を乗せる
  • その状態のままインパクト、フィニッシュをむかえる
  • ラウンド中のミスショットにも効果抜群

「練習場では完璧なショットが打てるのに、いざ、ラウンドでフックボールが出てしまう。」その理由は、下半身をうまく使えずに、手先だけ(特に右手)でボールを打とうとしているからに他ならない。

藤井プロによるハムストリングショットは、ラウンド中でもフックボールを直すことができる素晴らしい方法だ。

今すぐ上記の動画を確認するべきだ。

2.コンパクトなトップ

左ひじを伸ばす
コンパクトなトップを作るためには、アドレスの前傾角度を保ったまま、左ひじを曲げずにバックスイングするだけだ。

こうすることで、アマチュアゴルファーには百害あって一利なしの、オーバースイングを矯正することができる。

コンパクトなトップからは、常にインサイドアウトかつ正確なインパクトが期待でき、フックボールが激減するはずだ。

また、左手一本でクラブを持ち、前傾角度をキープしたままヒジを曲げずにバックスイングすれば、トップは自然にコンパクトな位置に収まる。

一度試して欲しいオーバースイングを直すためのドリルだ。

3.インパクトで肩を開かない

右肩突っ込まない
ダウンスイングの早い時期に両肩を結ぶラインが目標の左を向いてしまうことを「肩が開く」という。

意識してやってみれば分かるのだが、インパクトより早い段階で肩が開くとクラブが外から入ってきやすくなる。

これこそまさに「極端なアウトサイドイン軌道」の原因なのだ。

強烈なフックボールや引っ掛けを直すためには、インパクトでは肩を開かないよう心がけてみてほしい。

上手く感覚がつかめない場合は、「ダウンスイングで右肩が突っ込まない」ように意識してみてほしい。

上手くタイミングがつかめれば、今まで見たことも、ましてや打ったこともない驚愕の高弾道ショットの連発だ。マジで。

それでもフック(引っ掛け)が直らない場合の対処法

フック、引っ掛けが直らない
上記の3つのフック矯正法を、正しく試したにもかかわらず、一向にフック、引っ掛け、チーピンが直らない場合は、現在使用しているクラブを疑ってみるべきだ。

下記に、フック、引っ掛けが直らない場合の考えられる原因と、関連記事をご紹介しておく。

グリップの握り方は正しいのか?

保存版!正しいゴルフグリップ。基本の握り方が5秒で身に付く練習法

アイアンのライ角が合っていない

驚愕!アイアンはライ角が命。ライ角調整5つのメリットと確認方法

アイアンが柔らかく軽すぎる(アンダースペック)

アイアンはシャフトで選ぶ!人気スチールアイアン硬さ比較|振動数

カーボンvsスチール徹底比較!人気の最新アイアン用シャフトの特徴

[関連記事]

3秒で完成!つま先上がりからピンを『デッド』に狙える驚きの打ち方
武市悦宏プロがいま明かす、つま先上がりの本当の打ち方 つま先上がりのショットが苦手な、フェード...

ドライバーのチーピンが直らない

【号泣】ゴルフ辞めた理由第1位。ドライバーチーピンの原因と直し方

[関連記事]

パワーフェードでぶっ飛ばせ!【永久保存版】フェードボールの打ち方
総合評価★★★★☆ YouTube評価数16|ためになる度90点|尺6分40秒|動画公開日2016...

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は、僕自身が1年以上悩み続けた「強烈なフックボール」、「引っ掛け」の直し方についてご紹介してきた。

特に、動画にてご紹介した、藤井誠プロのハムストリングショットは、フックボールが直るだけではなく、下半身が安定するため、アイアンショットの精度と飛距離の向上にも効果が期待できる。

藤井誠ゴルフチャンネルに寄せられたコメントを以下に紹介しておく。

目からウロコ。まさに今これに悩んでます。確かに足の調子が悪くなった時期に引っ掛け多発が起き続けました。今日のラウンド前にこの動画見ていれば

引用:引っ掛けが多発!どうやって直すの?【ラウンド中のミスショット対処法①】|藤井誠ゴルフチャンネル

まさに、「今日のラウンド前にこの動画を見ていれば」、引っ掛け多発は防げたのかもしれない。

そう、この動画のおかげで貴殿のフック、引っ掛け多発も防げるはずである。

下記にフックの直し方について再掲しておく。

  1. ハムストリング(太もも裏)ショットで下半身安定
  2. バックスイングでは左ひじを曲げるな
  3. インパクト時肩を開かない(右肩突っ込こむなかれ)

最後に


最後に、僕たちアマチュアゴルファーのアイドル、日本プロゴルフ協会 ティーチングプロ藤井誠氏の言葉を紹介しよう。

ゴルフで人生明るくなる。健康になれるし、素敵な仲間もできる。
うまく打てたときの気分は最高!
ちょっとレッスン受けて、一緒にカラダを動かして、
そして仲間と一緒に芝生の上を闊歩しよう。

引用:藤井誠ゴルフチャンネル

あと、再生回数25,000回の上記動画も最高に参考になるのでぜひともご覧頂きたい。

参考文献:100を切れない7つの理由・10の上達法

[関連記事]

ゴルフ初心者におすすめ!人気ゴルフ本ランキング。この8冊で上達
初心者ゴルファーに読んで欲しいゴルフ本を詳しく紹介 ※この記事は2017年5月6日に追記しまし...
事実。ゴルフ上達に効果あり!人気のゴルフ練習器具おすすめベスト6
ゴルフ練習器具ランキング|評価、レビュー 最近、嬉しいことに、僕のまわりではゴルフを始める仲間が急...
スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事