ダウンブロー本当の打ち方【初心者必見】ダウンブローが分かる動画

・総合評価★★★★★
・YouTube評価数1,113 ・YouTube評価率0.1% ・ためになる度99点

ダウンブローの打ち方がこの動画で分かる!

それほど非力ではないはずなのにアイアン、ドライバーの距離が出ないあなた。
この動画を参考にして憧れのダウンブローを自分のものにしませんか?
ダウンブローの基本とは体の回転ではなく腕を振り、フェースを返して打つことなのです。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

こんなゴルファーにおすすめの動画

  • アイアンが飛ばないゴルファー
  • ミドルアイアン、ロングアイアンが番手通りに飛ばない方
  • スライス、擦り玉がおおい方

ダウンブローの打ち方「気になるスイング」

動画のポイント|線で打つダウンブロー、点で打つ払い打ち

  • ダウンブローは打点のズレに強い。
  • アマチュアはヘッドが横から入っているため、飛距離、方向性が安定しない。
  • プロはみんなフェースをターンさせている。

力は目標方向ではなく、下方向に開放する

  • 右手でボールを下に投げるドリルが有効
  • 右手を押し込むようにボールを打ち込む
  • ダウンブローを身に着けることで飛距離を伸ばしミスショットが減る

ダウンブローをマスターしよう!

  • スクウェアグリップをマスターしよう
  • ボールではなく自分中心のアドレス
  • アドレス時は両肘の高さを揃える
  • バックスイングは体を回さないで手だけ上げるイメージ、下半身は動かさない
  • ダウンスイングは正拳突きをイメージする
  • インパクト時に胸を絶対に開かない
  • フォローは意識しない。スイングの結果がフォローにつながる

まとめ

この動画の通り、体の回転ではなく腕を振り、フェースを返して打つことがダウンブローの基本です。
この基本を手に入れることで、フェアウェイウッド、ドライバーでも強い弾道正確なボールが打てるようになります。

試した結果

この動画を見て最も印象的だったキーワードは「ゴルフスイングの力のベクトルは【横】ではなく【縦】」ということ。

僕は完全に勘違いしていましたよ。通りで振れば振るほど体が開き、弱弱しいスライスしか打てなかったんですね…。
でも、この動画を見てからの僕の球筋は劇的に変わったのです!7番アイアンで140ヤードがやっとの僕が、160ヤードを狙えるようになったのですから。

動画でも紹介されている通り、ダウンブローをマスターすればアイアンだけではなく、ドライバーも捕まった強い球が打つことができるようになりました。ホント感謝感謝の動画です。

僕が長年使用しているお勧めの練習器具です。クリックでAmazonにて確認できます。
LYNX(リンクス) ティーチングプロ 2 TEACHING PRO 2

こちらの記事も人気です!
ロングアイアン、ミドルアイアンが飛ばない!試すべきたった1つの事

ダウンブロー動画を「シェア」「いいね」お願いします!

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事