ドライバーが飛ばない!あと20y飛ばす為に試すべきたった1つの事

総合評価★★★★★
YouTube評価数211|ためになる度98点|尺2分54秒|動画公開日2012/08/01
ドラコン選手権

ドライバーの飛距離アップのコツは、クラブシャフトを立てる事

どんなに筋力アップをしても、いくらヘッドスピードが早くても、ライバルがうらやむ「飛び」のテクノロジーが結集された最新のドライバーに買い替えても、クラブが「寝た」スイングのままでは、今以上、ドライバーの飛距離が伸びる事はありません。

結論を先に書きますが、ゴルフスイングのイメージを「横」から「縦」に切り替えることで、ドライバーの飛距離は確実に伸びるのです。

ドライバーに限らず「ゴルフクラブのシャフトを立てる」ことで、クラブを正しいスイングプレーンで振ることができ、シャフトのしなりを最大限利用し、強く正しいインパクトで、ボールを遠くに飛ばすことができるようになります。

「ドライバーが飛ばない!!」

と、長年お悩みのゴルファーは、今回ご紹介する動画を参考に、ゴルフスイングを「縦」イメージに変えてみてください。

可能であれば、動画を確認後、すぐにシャドウスイングで実践してみてください。

貴方の身体のポテンシャルが高ければ高いほど、30ヤードどころか、50ヤードのドライバー飛距離アップも夢ではないのですから。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

こんなゴルファーにおすすめのレッスン動画

  • ドライバーの飛距離をあと30ヤード伸ばしたいゴルファー
  • スライス回転のこすり球しか打てない方
  • ドライバーは「横振り」のイメージを持っている方

クラブを立てるコツ|クラブが寝る原因


2012年に公開された、比較的古いレッスン動画ですが、「クラブを立てるコツ」とメリットが、非常に分かりやすい内容になっています。まさにマル秘お宝動画です。(YouTubeなのでもちろん無料ですよ!)

動画のポイント|ドライバーは「縦振り」のイメージで飛ばす

  • 腰を横に切るからシャフトが寝る
  • 飛距離アップは正しいスイングプレーンでスイングする事が必須
  • シャフトを立てれば正しいスイングプレーンで振れる
  • ドライバーは「横」ではなく「縦」に振る
  • 切り返しで左足を踏み込めば、クラブは勝手に立つ

腰を切るからドライバーが飛ばない

堀江貴文と武市悦宏
切り返しで腰を横に切ってしまうと、左ひざが横に流れ、クラブが確実に寝てしまいます。

いわゆるスウェーした状態で、シャフトを立てることは、体の構造上まず不可能です。

つまり、腰を切るからドライバー飛距離は伸びないのです。

重要な事なので繰り返しますが、腰をどんなに早く回そうが、クラブが寝た状態ではドライバーは飛ばないのです。

雑巾王子ことツイスト打法で300ヤードをブッ飛ばす、武市悦宏プロもこう言ってます。

腰を切ってるあなた、飛ばないっすよ!

参考:手打ちで飛ばす!?ホリエモンも脱帽。ツイスト打法で飛距離アップ

飛距離に悩むゴルファーの共通点

寝た状態
それではなぜ、クラブが「寝た」状態では飛距離が伸びないのか?

答えは簡単、クラブが寝た状態でのインパクトは、ボールに対して、クラブフェースが確実に開いてしまっているからなのです。

ではどうすれば、クラブを立てることができるのか?

そして、ドライバーの飛距離を最大化することができるのか?

その秘密は、スイングにおける体の使い方の「方向」にあるのです。

ゴルフスイングの正しい身体の使い方は「横」ではなく「縦」。

目から鱗がこぼれ落ちたゴルファーもいるかもしれません。

しかーし、これこそが、多くのゴルファーが飛距離に悩む、最大の落とし穴。

体を「横」に使おうとするから、スイング軸がずれ、正しいインパクトで打てていないのです。

練習場で試した結果

ゴルフ練習場
画像:ゴルフ練習場をパノラマ撮影(タップで拡大)

何を隠そう、僕もゴルフを始めた頃、諸先輩方にこう言われ続けていました。

アイアンは立て振り、ドライバーは横振りのイメージで打て!

このように教わったゴルファーも多いはず。

この動画を参考に、左足を真下に踏み込み、クラブを立ててスイングすることで、飛距離は伸び、スライスは激減するはずです。

縦ぶりのイメージでスイングすることで、僕が感じたことを5つ共有しておきます。

僕と同じく、ドライバーの飛距離に悩むゴルファーの参考になれば幸いです。

  1. 縦振りをイメージすることで体の真正面でボールをとらえやすくなる
  2. スイング軸が圧倒的に安定する
  3. シャフトのしなりを感じられるようになる
  4. ヘッドが走る感覚がわかる
  5. フォロースルーが大きくなる

ご紹介した動画でも指摘されていますが、スイングの切り返しにおいて「上半身の力を抜く(脱力する)」ことが、シャフトを立てるためには重要なポイントになります。

ドライバーは学ぶより慣れろ!

ゴルフレッスン動画 キュレーションサイトGolfBuzz
ドライバーが苦手な理由の一つに、ドライバーそのものの形状にあるのではないでしょうか?

つまり、ドライバーの「長さ」と「軽さ」。

短く、重く、硬いアイアンならともかく、普段の生活で1メートル以上(45インチのドライバーは約1m15㎝)の棒を扱う事って、普段の生活ではないですよね。

しかも、ドライバーの重量はたったの320g前後。

いかにして、長くて軽いドライバーに慣れ、使いこなせるか。が、重要になってきます。

という理由で、僕は3年程前に自宅の庭に、ドライバーも練習できる「ゴルフ用ネット」を設置しました。

いや、今でも買ってよかったと思っています。

素振りだけでは飽きてしまうし、毎日練習に行ければいいのですが、距離と時間と、そしてお金の問題が大きく立ちはだかります。

あと、ゴルフのラウンド当日、サクッと自宅のネットでドライバーやアイアンショット、そしてアプローチの練習ができるので、とても便利です。

僕の場合、ドライバーが得意になった理由は間違いなく、庭のネットで打ちまくった結果だと思います。

そう、ドライバーは「習うより慣れろ」なのです!

まぁ、スコアアップにつながっているのか?は微妙ですが…。(白目)

まとめ

ダイノジ大地
いかがでしたでしょうか。

「ドライバーが飛ばない!!!」

と、お悩みのゴルファーは多いと思いますが、今回ご紹介した「クラブを立てる」コツを、是非一度、次回の練習場で試してみてください。

飛距離をあと20ヤード伸ばすために、試すべきポイントを最後にまとめておきます。

  • ドライバーは「縦」に振れ
  • シャフトを立てるには切り返しで左足を踏み込め
  • 切り返しで上半身は絶対に力むな

男は立ってナンボ。教師以外もびんびんで行きましょう!

最後に

「ドライバーの飛距離が大幅にアップした」と、話題沸騰中で今にも発射寸前!当サイト人気ナンバーワンのぶっ飛ばし記事もあわせてお読みください。

吉田一尊氏の「テコの原理」が凄い!左足の蹴りで飛距離10yアップ

「たのきんトリオ」のヨっちゃんこと、野村義男の熱狂的なファンだった方は「シェア」「いいね」をお願いします!

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事