あなたの「いいね」が、ゴルフ界を盛り上げる!?
インスタ#ゴルフ女子ランキング
気になるゴルフ女子を今すぐフォロー!

最新シャフト比較|ツアーADIZ・ディアマナRF・エボ4・アッタスC

2018年モデルドライバーシャフト徹底比較

2018モデルドライバーシャフト
いよいよ4大シャフトメーカーの2018年最新モデルが出揃った。

「どのシャフトが自分に合っているのか」、「一番飛距離が伸びるシャフトはどれなのか?」と、迷っているゴルファーも多いはず。

今回は、客観的なデータに基づく比較「振動数(硬さの目安)」と、プロのクラブフィッター石井建嗣氏(いしいたけし)が実際に試打した私的なインプレッションと、おすすめのシャフト重量についてご紹介する。

また、シャフトごとに、おすすめのヘッドスピードとゴルファーのタイプも紹介する。

今回比較するドライバーシャフトは以下の4本だ。

  • ツアーAD IZ|グラファイトデザイン
  • ディアマナRF|三菱ケミカル
  • スピーダーエボリューション4|フジクラ
  • アッタスクール|USTマミヤ

必ずや、当記事があなたのシャフト交換と、最新のシャフト選びの参考になるものと信じている。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

振動数(CPM)とは

振動数測定器
「振動数」とは、ゴルフクラブが1分間に何回振動するかを示した数値だ。※単位はCPM(Cycles Per Minute)

つまり、「シャフトの振動数(CPM)」とは、「シャフトの硬さを示す数値」とも言い換えることができる。

ちなみに、硬いシャフトほど振動数(CPM)が高く、柔らくなれば低くなる。(例:250CPMと200CPMのシャフトでは250CPMの方が硬い)

また、シャフト(クラブ)メーカーごとにスペック(S、SR、R等)基準が違うため、客観的にシャフトの硬さを知るためには、この振動数は非常に重要なデータなのだ。

ちなみに、シャフトの振動数を知るためには、専用の振動数測定装置を用いて計測する必要がある。

振動数について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして欲しい。

プロフィッター伝授!絶対に失敗しないドライバーシャフトの交換方法
ドライバーシャフトの選び方。リシャフトは「振動数」が最重要 ゴルフクラブを異性に例えると、...

比較したのシャフトスペックなど

今回比較したシャフトのスペック、ヘッドは以下の通りだ。

  • 4本とも全て6S(60g台のS)
  • 振動数も全て6Sの数値
  • 全てのシャフトに同じヘッド(重量197g)を装着
  • クラブの長さは45.5インチ

ちなみに、「調子」と「おすすめのシャフト重量」はメーカー表示ではなく、プロフィッターの石井氏と、ハンディキャップ5以下のいわゆるゴルフ上級者複数名が試打をして得られた結果である。

それではいよいよ4大メーカーの2018年最新シャフトの調査結果を見ていこう。

ツアーAD IZ|グラファイトデザイン

ツアーAD IZ|グラファイトデザイン
発売日:2017年9月15日
価格 :40,000円(税抜)

  • 振動数:261CPM
  • 調子:中調子
  • おすすめ重量:60g~70g
  • おすすめヘッドスピード(HS):45m/s以上

ツアーAD IZはこんなゴルファーにおすすめ

  • スイングプレーンが安定しているスインガータイプのゴルファーに最適
  • ヘッドの位置を感じたい方
  • 飛距離よりも安定性を向上させたい方

国内男子プロ使用率NO.1のグラファイトデザインの最新シャフト「ツアーAD IZ」は、TOUR ADシリーズ初のマッドブラックで非常に落ち着いた大人の印象だ。

ツアーAD IZの打点
画像:ツアーAD IZの打点位置

上記の画像でもお分かりいただける通り、打点の位置も安定しており、振動数も理想的な数値で、今回比較した4本の中でも最も実践向きで安定したシャフトと言えそうだ。

ただし、「飛距離を1ヤードでも伸ばしたい」というゴルファーには不向きだといえよう。

ちなみに、ツアーAD IZのメーカーのキャッチコピーは以下の通りだ。

ヘッドの性能を生かせるしなやかな動きとインパクトの強さを実現

引用:TOUR AD IZ | Tour AD – グラファイトデザイン

ディアマナRF|三菱ケミカル

ディアマナRF|三菱ケミカル
発売日:2017年9月15日
価格 :40,000円(税抜)

  • 振動数:263CPM
  • 調子:ダブルアクション
  • おすすめ重量:50g~60g
  • おすすめHS:40m/s~45m/s

ディアマナRFはこんなゴルファーにおすすめ

  • ボディターンで打つフェードヒッターに最適
  • スイングを変えずドローボールを打ちたい方
  • 何よりも飛距離アップを目指す方

国内の女子プロ使用率の高いディアマナの「赤シリーズ」は、走りと弾きに重きを置いたシャフトだ。

今回比較した4本の中でも、しなり具合は抜群で、ヘッドが勝手に走ってくれる印象を受けた。

事実、飛距離の平均も、最大飛距離も4本中堂々のナンバーワンのシャフト。

ディアマナRFの打点
画像:ディアマナRFの打点位置

ただし、上記の画像の通り、打点がばらつく傾向があり、実際のラウンドで試したい一本だとも言えよう。

ディアマナRFのキャッチコピーは以下の通り。

勝利の継承者だけが、手に出来る革新がある。赤の弾道、極まる。新世代の赤、Diamana™RFシリーズ誕生。

引用:三菱ケミカル / ゴルフシャフト | Diamana™ RF-Series NEW!

スピーダーエボリューション4|フジクラ

スピーダーエボリューション4|フジクラ
発売日:2017年9月15日
価格 :40,000円(税抜)

  • 振動数:265CPM
  • 調子:中元調子
  • おすすめ重量:50g
  • おすすめHS:45m/s前後

スピーダーエボリューション4はこんなゴルファーにおすすめ

  • チーピンやひっかけに悩むゴルファー
  • ヘッドスピード45m/s程度のドローボールヒッター
  • 直進性の強い中弾道の球筋を打ちたい方

前評判ナンバーワンのスピーダーエボリューション4は、振動数265CPMと、4本の中でも最も硬いシャフトといえよう。

スピーダーエボリューション4の打点
画像:スピーダーエボリューション4の打点位置

上記の画像通り、ヒール気味の打点となっているのも、シャフトの硬さを身体が意識しているあらわれだ。

上述した通り、左への引っ掛けOBを絶対に避けたいゴルファーには心強い相棒となる1本だろう。

スピーダーエボリューション4(Speeder EVOLUTION Ⅳ)のキャッチコピーは以下の通り。

四代目 速度狂
“結果”を求めて超高品質素材を贅沢に採用 安定感抜群の叩けるSPEEDER

引用:Speeder EVOLUTION Ⅳ|Fjikura

アッタスクール(ATTAS COOOL)|USTマミヤ

アッタスクール(ATTAS COOOL)|USTマミヤ
発売日:2017年7月21日
価格 :40,000円(税抜)

  • 振動数:257CPM
  • 調子:中先調子
  • おすすめ重量:40g
  • おすすめHS:35m/s~41m/s

アッタスクールはこんなゴルファーにおすすめ

  • ヘッドスピードがそれほど速くないゴルファー(女性、年配者)
  • 軽量シャフトの振り抜きで飛ばしたい方
  • 力ではなくシャフトのしなりを利用して飛距離を伸ばしたい方

ド派手なカラーリングで、人気急上昇中USTマミヤの最新シャフトは、前作のアッタスパンチとは正反対の出来栄えになっている。

振動数も4本中最も低く(柔らかく)、軽め(195g以下)の重量のヘッドにすることで、それほどパワーがなくても、シャフトのしなりで飛ばすことが可能だろう。

アッタスクール(ATTAS COOOL)の打点
画像:アッタスクールの打点位置

ただし、上記の画像のように、あまり重過ぎるヘッドを装着してしまうと、トゥダウン(縦ぶれ)を起こし、球筋がバラけることになりそうだ。

アッタスクール(ATTAS COOOL)のキャッチコピーを以下に紹介しておく。

かつてない初速が あなたのゴルフをCoooLにする

引用:ATTAS COOOL|製品情報|UST Mamiya

プロクラブフィッター石井建嗣氏について

プロクラブフィッター石井建嗣氏のフィニッシュ
今回のシャフト比較インプレッション記事は、香川県丸亀市のゴルフショップイシイに勤務する、石井建嗣氏の協力のもと作成された。

石井建嗣氏について以下に紹介しておく。

  • プロクラブフィッター
  • パターフィッター
  • TPI有資格者

プロクラブフィッター石井建嗣氏

「【勘】ではなく【データ】に基づき、あなたのスイングと体形に合った最適の1本を作り上げます。お気軽にお問い合わせください。」

ちなみに、2時間程度のクラブフィッティングは無料で受けることができるので、シャフト選びに悩むゴルファーは一度相談してみることを強くお勧めする。

ゴルフショップイシイのドライバーシャフト交換については下記の記事を参考にしてほしい。

プロフィッター伝授!絶対に失敗しないドライバーシャフトの交換方法
ドライバーシャフトの選び方。リシャフトは「振動数」が最重要 ゴルフクラブを異性に例えると、...
香川県のゴルフ練習場ゴルフショップイシイをおすすめする7つの理由
四国、香川丸亀のゴルフショップイシイをご紹介 画像:ゴルフショップイシイの入り口 現在、...

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は、主要4大シャフトメーカーの2018最新モデルのインプレッションをお届けしてきた。

4本のスペック比較を分かりやすい表にして掲載しておく。

シャフト名振動数調子推奨重量推奨HS
ツアーAD IZ261CPM60g~70g45m/s以上
ディアマナRF263CPMWアクション50g~60g40m/s~45m/s
スピーダーエボ4265CPM中元50g45m/s前後
アッタスクール257CPM中先40g35m/s~41m/s

最後に

バズちんまる
あなたに最適なシャフトは見つかっただろうか?

上述した通り、今回比較したシャフトは4本とも全て6S(60g台のS)のスペックである。

当然ながら同じシャフトでも、スペックやシャフト重量によって性能に違いが出るため、シャフトを交換する前に、プロによるフィッティングを受けることをお勧めしておく。

当記事が、ドライバーシャフト交換に悩むゴルファーの一助になればこれ以上の幸せはない。

また、当記事をあなたのSNSやブログにてシェアしていただくことで、まだ見ぬゴルファーが最適の1本に出逢えることを確信している。

ぜひともシェアして頂くことを願いつつ筆をおくことにする。

秋雨の候、己のシャフトも最新モデルに交換したいと案ずるゴルフバズ夫改め、バズちんまる。

[関連記事]

高評価、自分のスイング軌道が分かるM-Tracerは絶対買いだ!
エムトレーサーでスイングチェックしてみた結果 ガジェット大好きゴルフバズ夫が今回お届けする記事...
4300人のTPI分析で解明!ゴルフスイング5つの癖|原因と矯正法
アマチュアのゴルフスイング5つの癖とチェックポイント ※当記事はTPI認定インストラクター...
スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事