今見ても美し過ぎるスイング!倉本昌弘氏の飛距離アップレッスン動画

総合評価★★★★☆
YouTube評価数15|ためになる度90点|尺7分19秒|動画公開日2013/01/13
倉本昌弘サロンパスCM

倉本昌弘のパワフルスイング。飛ばしのコツが分かるレッスン動画

当時小学4年生だった僕は、倉本昌弘プロの大ファンでした。

僕と同じ世代の方であれば、少年時代、テレビのゴルフ中継で倉本昌弘プロの活躍を心ときめかせて見ていたのではないでしょうか?

デビューからの4戦で3勝し、一大センセーションを巻き起こした『飛ばし屋ポパイ』こと倉本昌弘プロ。

そんな倉本昌弘プロが、飛距離アップの為の下半身の使い方を、とても分かりやすくレッスンしてくれている動画をご紹介します。

その名も『パワーはフットワーク』から。

ドライバーの飛距離を確実にアップさせたい方、ゴルフスイングの基本の下半身の使い方が分からない方は必見ですよ。

また、非力な方や、ご高齢の方、女性ゴルファーには大変参考になる動画です。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

こんなゴルファーにおすすめのレッスン動画

  • ドライバーの飛距離を10yアップさせたいゴルファー
  • 下半身の使い方が分からないゴルファー
  • 倉本昌弘プロの美しいスイングをもう一度見たい方

倉本昌弘プロの飛距離の秘密|パワーはフットワークから

動画のポイント|必ず覚えよう!倉本プロが教える下半身の使い方

  • 『休めの姿勢』こそゴルフの構え
  • トップでは右の内ももで力を受け止める
  • インパクトでは左の親指で受け止める(絶対に小指ではない!)
  • 体、関節の固い方は左足ヒールアップでスイング
  • 『一本足打法』で正しい体重移動を覚える
  • インパクトとは体重移動の最中であり、インパクトは『点』で考えない

動画のまとめ

あらゆるスポーツにおいて重要な下半身の使い方。

特に『物体を遠くに飛ばす』為のパワーは下半身で作り出すのです。

スポーツに限らず、柔道、相撲、剣道などの武道でも下半身の重要性は同じ。

ゴルフスイングも同様に下半身の使い方次第で、ドライバーの飛距離は大幅に変わってきます。

足を完全に閉じた状態でのドライバーショットをイメージしてみてください。

いくら腕力に自信のある方でも、足を閉じた状態、つまり体重移動がスムーズに出来なければ、ボールを遠くに飛ばすことは不可能なのです。

体重移動によるパワーを右足で受け止め、左足で受け止めることで、下半身のパワーをボールにぶつけることができるのです。

試した結果

ため池ゴルフ練習場
ゴルフを始めたころ、この動画の内容を会社の上司(ハンディ7)に教わりました。

小学2年生から野球を長年やっていた僕は、比較的スムーズに理解することができたと思います。

が、球技を全くやってこなかった僕の弟にとって、下半身の使い方(体重移動)は理解しづらく難しいようです。

しかーし、この動画の『一本足打法』を練習に取り入れることで、今ではドライバーショットが僕より10y以上飛距離が伸びたのです。

「絶対負けたくないライバル」には決して教えてはいけないレッスン動画です。(笑)

おまけ

倉本昌弘プロの大ファンだった僕は、こんなおもちゃでよく遊んでいました。

ご存じの方いらっしゃいますかねぇ?懐かしいっす!
倉本昌弘のゴルフのおもちゃ

最後に

倉本昌弘プロの動画はこちらもおすすめです。
知らなきゃヤバい!?ゴルフスイングの軸、倉本昌弘プロが動画で伝授

倉本昌弘プロの大ファンだった方は「シェア」「いいね」をお願いします!

家の中でお手軽飛距離アップ!
スイングのリズムを整えプレーヤーのポテンシャルを最大限に引き出す事が可能なゴルフスイング専用トレーニング器具。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事