人気の吉田一尊プロ伝授。ゴルフは左足の蹴りとリズムで飛距離アップ

総合評価★★★★☆
YouTube評価数28|ためになる度90点|尺2分44秒|動画公開日2016/02/08

吉田一尊プロ秘伝。左足の蹴りがドライバーの飛距離を伸ばす!下半身の重要性

うーん、50歳を目前にして飛距離が落ちてきた。若き日のパワー溢れるドライバーショットは何処へ…。

なんて、背中を丸くしシケモクを咥えるゴルファーの皆さんに朗報です!

今すぐそのシケモクを投げ捨て、クラブを手に取ってください。

もちろん、シャドースイングでもイメージトレーニングでもOKです。

今回ご紹介する”飛ばしの請負人”こと吉田一尊コーチがこっそり教える「重力を味方につけた飛ばしのメソッド」で、あなたのドライバーの飛距離は飛躍的にアップすることをお約束します。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

「地面を蹴る」事で己の体重を飛距離に変える

ここで質問です。

「なぜ、人は歳を重ねるにつれゴルフの飛距離が落ちてしまうのでしょうか?」

答えは簡単ですね、それは身体の筋力が落ちるから。

つまり、筋力に頼ったスイングでは、年々飛距離が落ちていくのは当然の結果です。

そこで吉田一尊コーチはこう言います。

タイミングよく地面を足で蹴ることで、自分の体重(重力)を効率よくパワーに変えるのだ。

言われてみれば当然の事のように聞こえますが、自分も含め、実践しているゴルファーは少ないのではないでしょうか。

あなたはどうですか?

自分の体重を効率よくパワーに変えることで、年齢、体型、性別に関係なく飛距離を伸ばすことが可能なのです。

男子プロ「左足の蹴り」3つのタイプ

ドライバー平均距離が280ヤードとも言われる男子プロ。

そんな男子プロの飛距離の源も、下半身と左足の蹴りにあるといいます。

下記に、吉田コーチが紹介する、「3つの蹴りのスイングタイプ」をご紹介します。

タイプ1 松山英樹、石川遼

石川遼のゴルフボディトレーニング (LEVEL UP BOOK)
左足を踏み込み、左足のかかとで地面を蹴るタイプ。

タイプ2 ローリー・マキュロイ

左足を踏み込み、右足のかかとで地面を蹴るタイプ。

タイプ3 タイガー・ウッズ

左足を踏み込み、両足のかかとで地面を蹴るタイプ。

地面を蹴るタイミングに正解はなく、それぞれのゴルファーに合ったリズムがあるといいます。

こんなゴルファーにおすすめのレッスン動画

  • 加齢により飛距離が落ちてきたゴルファー
  • ドライバーの飛距離をあと10y(ヤード)伸ばしたい方
  • スウェーを直したい方

【左足】蹴り方の3タイプ|地面からの反発力を利用しよう

動画のポイント|左足を蹴るタイミングが最も重要

  • 足の蹴りで地面からの力を得る
  • 自分の筋力を効率よく使う為に「地面を蹴る」
  • スイングの「形」ではなく「タイミング」を意識した練習が大切
  • ダウンスイングで腕が「右足の前」に来た瞬間にで地面を蹴る

飛ばしのスペシャリスト吉田一尊プロとは

吉田一尊アナリティクス
※画像 GoogleAdwordsキーワードプランナー(タップで拡大)

上記の画像は、「吉田一尊」プロの検索ボリュームの推移です。

一気に検索数が伸びていることが一目瞭然です。まさに、人気急上昇中のティーチングプロだと言えるでしょう。

当サイトでも度々ご紹介している、飛ばしのスペシャリスト吉田一尊プロについて、下記にまとめてみました。

  1. ドラコン日本選手権3位の実力者
  2. 飛ばしに関する著書も執筆する人気のティーチングプロ
  3. クラブ設計者

飛ばしの実力者、吉田一尊プロ

2005年ドラコン日本選手権3位、ドラコン公式記録は何と384ヤード!

教えのスペシャリスト、吉田一尊プロ

吉田プロが運営するYouTubeチャンネル「グランディスタTV」では、現在、東大ゴルフ部強化プロジェクトを公開中。
ロジカルで分かりやすいティーチングに定評があります。

話題のぶっ飛びクラブ設計者

吉田プロはクラブ設計者でもあります。

その名も飛びを追求したブランドGrandista(グランディスタ)

ぶっ飛び過ぎて、業界でも話題になっているみたいですね。欲しい、欲し過ぎる。

試した結果

ブランコ
左足で踏み込み、インパクトの直前で地面を蹴り上げる。

このタイミングを掴むことで、ヘッドスピードが確実に上がり、身体の力ではなく重力を操りボールを飛ばすことが可能になります。

また、左足を蹴ることを意識することで、スウェーの矯正にもつながり、体重が流れないカッコいいフィニッシュもとれるようになるはずです。

「左足を蹴る」イメージが出にくい方は、「踏み込んで少し曲がった左ひざを伸ばす」事をイメージしても良いかもしれません。

そう、ブランコを高く高く漕ぐイメージがピッタリくるかもしれません。

速度増加を最大限行うのは 『ブランコが最下点を通過する瞬間に重心をあげる』

引用:ブランコの漕ぎ方:解析結果(概論)

そう、ブランコを漕ぐタイミング=リズムこそ、飛距離を最大化する為のヒントが隠されているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、吉田一尊プロが教える、左足の蹴りでドライバーの飛距離を飛躍的にアップさせるコツをご紹介しました。

繰り返しになりますが、大切なのは地面を蹴り上げるタイミングです。

飛距離を求めるすべてのゴルファーに試していただきたいメソッドですよー!

ちなみに、今回ご紹介した内容は、吉田一尊プロの著書に詳しく紹介されています。

[2016年5月20日更新]
飛ばしの最終定理

人気の吉田一尊プロ伝授。ゴルフは左足の蹴りとリズムで飛距離アップ

Amazonのカスタマーレビューでは5つ星のうち4.8の高評価。

最後に

こちらの記事もおすすめです!

吉田一尊氏の「テコの原理」が凄い!左足の蹴りで飛距離10yアップ

ゴルフは内股?がに股?内股こそゴルフのスイングの基礎 初心者必見!

左足を思いっきり蹴り上げたくなった方は「シェア」「いいね」をお願いします!

プロクラブフィッター伝授!【最新2017モデル】おすすめの人気ドライバーシャフトランキングを見逃すな!

プロフィッター伝授!絶対に失敗しないドライバーシャフトの交換方法
ドライバーシャフトの選び方。リシャフトは「振動数」が最重要 ゴルフクラブを異性に例えると、...
スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事