平均年収200万円のティーチングプロがYouTubeで稼ぐ方法

ゴルフのティーチングプロの年収は想像以上に低い

アマチュアゴルファーにとって救世主的な存在のティーチングプロ。
自己流の練習方法でいくら闇雲に頑張ってもスランプから抜け出せないときなど、ティーチングプロによるレッスンで開眼した経験したゴルファーも多いのではないでしょうか。

また、これからゴルフを始める方は、ティーチングプロによる直接の指導や、YouTubeでのレッスン動画を参考にして練習することで確実にゴルフ上達につながるでしょう。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

ティーチングプロの年収は200万円~300万円程度

実際にティーチングプロの年収を調べてみました。

こちらの記事によると年収190万円以下。てことは月収16万円以下…。

ティーチングプロ数は日本プロゴルフ協会、日本女子プロゴルフ協会、それらの会員ではない個人らを含めて約8000人。1人あたりで割ると...なんと190万円に満たない。

出典:東洋経済オンライン ゴルフはなぜここまで凋落してしまったのか

こちらの記事でもやはり20万円程度。思いのほか低いですね。

レッスンプロの収入は、月に20万円程度が平均と言われていて、それだけで食べていくのは厳しいのです。

ゴルフ練習場の規模や経営内容によっても若干の変動があるようですね。こちらも年収300万円、月収25万円程度。

レッスンプロ…3人(練習場所属2人:月収25万前後)もちろん、確定申告で国保・年金も当然ですし、ボーナスもありません。

30歳前後の独身であれば生活ができなくはありませんが、年収200万円程度ではティーチングプロの収入だけで食べていくのは厳しいのではないでしょうか。

当然ですがこれは『年収』であり、税金、保険を差しい引いた『手取り』はそれ以下になってしまいます。
いかがですか?ティーチングプロの年収は想像以上に低いと思いませんか?

ティーチングプロとツアープロの違い

ツアープロ(トーナメントプロ)とティーチングプロ(レッスンプロ)の違いをシンプルに言えばこうなります。

  • ツアープロとは、ゴルフの試合に出場してその獲得賞金を主に生活基盤とする選手
  • ティーチングプロとは、ゴルフの指導によるレッスン料を主に生活基盤としている

最近は、ティーチングプロによるゴルフレッスン動画も増えてきていますし、レッスンのDVDや書籍などを出版したりと、幅広く活躍されているプロもいらっしゃいます。

つまり、ゴルフのレッスンだけでは食べていけない完全なレッドオーシャンだと言えます。

ティーチングプロになるためには

ゴルフのティーチングプロの資格も沢山あるようですが、日本で一番の権威の資格はPGAのティーチングプロ資格でしょう。

公益社団法人 日本プロゴルフ協会のサイトにティーチングプロについてはこうあります。

「ティーチングプロ」とは、ゴルフ指導技能に優れ、広範にわたるゴルフ知識及びPGA指導要領を取得した者に付与され、ゴルフの普及と発展を目的に活動します。

さて、PGAのティーチングプロ資格は誰でも取得できるのか?

受験年度に20歳に達する男性は受講者選定審査を誰でも受けることが可能になりました。

へー、そうなんですね。誰でも受けることができるんですね。

まぁ、当然ですが厳しい実技試験や筆記試験に合格することが必要ですが。
2日間のラウンド合計スコアが156が合格のボーダーとの事です。1ラウンド78程度という事ですね。

資格試験には実技試験が設けられています。二日間のラウンド合計スコアが156程度が合格のボーダーラインと言われています。この実技試験のほか面接や筆記試験に合格し、かつ合計200時間近い講習を受けて晴れてPGAに入会、TCPを取得できます。

YouTubeで稼ぐティーチングプロが急増中?

ゴルフレッスン動画といえばティーチングプロの坂本龍楠氏(さかもと りょうなん)が有名です。

2007年8月よりアップロードされている動画の本数はなんと約1300本!独自のゴルフ理論で非常に為になるゴルフレッスンは人気があり、38,500以上のチャンネル登録者がいます。※2016年1月時点

今後も動画の本数が増えるにつれチャンネル登録者も増えていくことでしょう。

例え、動画のアップロードがストップしたとしても、インターネット特有のロングテール現象によって視聴数、チャンネル登録数が減ることはありません。

また、 2015年9月には人気のレッスン内容がDVD付きの書籍として発刊され話題にもなりました。しかもAmazonでのカスタマーレビューは5つ星のうち4.7と高い評価を受けています。
DVD付 YouTubeで大人気レッスンがこの一冊に!! 100切りお約束 逆説のゴルフ

坂本龍楠プロによる視聴回数No.1の動画

約1300本以上の坂本龍楠プロのレッスン動画の中で、最も視聴回数が多い動画をご紹介します。視聴回数は56万以上となっています。

【ゴルフ上達レッスン動画】スイングの基本は肩回転の高低差


この動画をざっくりまとめてみましたので参考にしてみてください。

  • スイングの基本は背中の軸を中心に回転する
  • 右肩、左肩の高低差が出ると体のスムースな回転が出来ない
  • 体の軸が傾くとクラブの最下点が安定しない

坂本龍楠プロならではの非常に分かりやすいレッスン内容ですね。

百聞は一見に如かず。さすが動画ですね。文章ではここまで簡潔に分かりやすく、しかも短時間で伝えることは不可能でしょう。

YouTubeの1再生あたりの収益はいくらなの?

YouTubeに動画を投稿し、その再生回数に応じた広告収入を得ることで生計を立てている『ユーチューバ―』も存在しています。

果たしてYouTubeではどの程度稼ぐことができるのでしょうか?また、1再生あたりの収益相場も調べてみました。

最近の記事ですが、収益が0.1円から0.05円に半減したみたいです。

今までは0.1円ほどだった。つまり1万再生すれば1000円という仕組み。それが12月分から半分の0.05円ほどになっていると言う。

こちらも同様。1再生あたり0.025~0.05円に落ちてきていると。

以前からシバターさんは、収益について「1再生0.1円」と話してきた。1日数十万再生あり、金額についてはおおよそ平均値のデータが取れていると話す。これが2014年12月以降、1再生あたり0.025~0.05円に落ちているのだそうだ。

少し前までは0.1円だったが年々下がって現在は0.04円程度。

実は何個かは収益化してない動画があるので実際は1再生=0.03-0.04円ぐらいです。少し前までは0.1円ぐらいはあったみたいですが、年々どんどん単価は安くなってますね。

まとめると、YouTubeの1再生あたりの収益は0.05円程度という事でしょうか。

  • 再生数1,000回で50円
  • 1万再生で500円
  • 10万再生で5,000円
  • 100万再生で5万円

てか、単発のYouTube動画で稼ぐことはほぼ不可能です。

坂本龍楠プロのYouTube収益を調べてみた

上記にご紹介した、坂本龍楠プロの動画の再生数は560,800回。
1再生あたりの収益を0.05円で試算してみました。

560,800×0.05円=28,040円

えっ、たったの28,000円…。マジっすか。

撮影に2時間、編集に2時間の計4時間かかって動画のアップロードを完了させたとして、時給に換算すると7,000円。
全部一人でやったとしてですよ。二人でやった場合の時給は当然半分の3,500円、収益は14,000円になります。

しかし、坂本龍楠プロの動画の本数は現在1,300本近くありますし、増え続けています。
勘が良い方は気づいたかもしれません。
塵も積もれば山となる。動画も作り続ければ収益は必ず増えていくのです。(効率の良さはどうかと思いますが)

ティーチングプロがYouTubeで食べていくために必要な5つの事

YouTubeで収益を上げる為のポイントは、誰かの為になる動画の本数を、継続してアップロードし続ける事です。
ゴルフのティーチングプロがYouTubeで収益を上げていくために必要なことはこうです。

  1. アマチュアゴルファーの悩みを把握する(視聴数の多い動画を調査する)
  2. アマチュアゴルファーの悩みが解決する動画を作る(見やすいカメラワーク、音声、テロップ)
  3. 撮影と編集は1人でやる(カメラ、三脚、パソコン、簡易な動画編集ソフトがあれば誰でも可能)
  4. 継続して動画を作り続ける(1日1本、1年で365本、5年で1,825本。)
  5. 動画のUSP(独自性)を徹底的に考える(4K撮影,ゲーミフィケーション,お笑い,エロetc…)

まとめ

もし、あなたがティーチングプロで、レッスン料だけは生活が苦しい場合、上記の5つを参考にしてYouTubeで動画をアップしてみてください。新しい道が開けていくかもしれません。

なぜならば、スマホの爆発的な普及と東京オリンピックの正式種目としてのゴルフ人気により、ゴルフレッスン動画のニーズは今後も増え続けるはずです。

そしてなによりも、僕たちアマチュアゴルファーは、ティーチングプロによるレッスン動画を求め続けているのですから!

人生に必要なものは、勇気と想像力。それと、ほんの少しのお金なのだ。

by チャールズ・チャップリン

参考書籍

YouTubeに関する著書は沢山ありますが、この手の本は(ネット系の本)は情報の鮮度が命です。なぜならば、今までの成功法は次の日には通用しなくなることはインターネットの常識だからです。

お勧めするこの本は、YouTubeのテクニックだけではなく総合的な動画教本になっており、動画作成に関する普遍的な技術や考え方が学べる良書です。

当サイトの以前の記事キーワードは『動画』と『eラーニング』でもご紹介した通り、これからは確実に動画の時代に突入します。動画クリエーターや放送関係者だけではなく、すべてのビジネスマンにとって必須の一冊だと思います。
仕事に使える動画術 成功例に学ぶYouTube活用とオリジナル動画作成法

ゴルフを愛する1人のアマチュアゴルファーとして、日本の約8,000人のティーチングプロを応援しています。「いいね」「シェア」をお願いします!

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事