電通マン伝授。「接待ゴルフ」5つのマナーと圧倒的成果を上げる心得

覚えておきたい!接待ゴルフで失敗しない為の5つマナー

新年度も突っ走っているビジネスパーソンゴルファーのみなさまこんにちは。

昨年度にまいた種が大輪の花となり、もうすぐ大きな成果物の収穫時期を迎えようとしているのではないでしょうか。

また、4月は多くの会社や官公庁では異動の時期。

クライアントのトップや、役員、担当者との接待ゴルフゴルフコンペに参加する機会も増えてくる時期でもあります。

今回は、以前一緒にイベントの仕事をしたことのある「電通マン」に教わった、「接待ゴルフ」でのマナーと、「接待ゴルフ」を1日だけのゴルフ同伴者だけで終わらせないための、長期的な視点でビジネスにつなげる為の「心得」をご紹介します。

特に、ゴルフ初心者のビジネスマンには読んでいただきたい内容です。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

こんなゴルファーにおすすめの内容

  • 初めてゴルフコンペ、接待ゴルフに参加することになり焦っているゴルファー
  • 相手に迷惑や不快な思いをさせたくない為のゴルフのマナーを知りたい方
  • 接待ゴルフをビジネスチャンスに変える方法を知りたいビジネスパーソン

接待ゴルフのマナー以前に大切な2つの事

ちなみに、この記事を読んでいるあなたが会社員の場合は、下記の2つの事を深く胸に刻んで「接待ゴルフ」に臨みましょう。

  1. 会社を代表していることを忘れるな!
  2. その日のゴルフを心から楽しんでやろう!

それでは一つひとつご紹介していきます。

役職なんて関係ない。そのゴルフ、君は会社を代表している

ゴルフに関わらず、会社員として参加する会合や食事会では、会社を代表して出席しているという事を忘れてはいけません。

あなたの振る舞い一つで、あなただけではなく、あなたの会社のイメージが良くも悪くもなります。

しかも、あなたのボスが有能であればあるほど「その成果」を重視しているはずです。

ボスの代わりに出席したゴルフコンペで130打も叩いてしまった、しかも遅延プレーでイエローカードを貰った…。

なんて、会社の代表として出席したあなたは絶対にやってはいけないのです。

「接待ゴルフ」でもゴルフを心から楽しむ

会社行事の接待ゴルフと言えども大好きなゴルフ、相手への配慮をしながらも、その日一日のゴルフを心より楽しみましょう!

クライアントも、そんなイキイキとしたプレイをするあなたと、また一緒にゴルフをしたくなるはずです。

とはいっても、自分のプレーに集中し過ぎて周りが見えなくなるような事が無いよう注意してくださいね。

失敗しない接待ゴルフ 覚えておくべき5つのマナー

マナー

By: Jim G

それでは、以前僕が電通マンに教わった、接待ゴルフのプレー中に最低限守るべき5つのマナーをご紹介します。

接待ゴルフに関わらず、あらゆるゴルフシーンにおいて、下記にご紹介する5つのマナーさえ守っていればゴルフの腕、スコアに関わらず、相手に迷惑をかけることはありません。

マナーその1 ティーショットするプレイヤーの視界に入るな

これ、意外と知らないゴルファーが多いんですよね。

さすがにティーショットを打つ方向に立つ方は少ないのですが、意外と多いのが飛球線後方に突っ立っている方。

あなたも一度は経験があるのではないでしょうか?

ティーショットを打つゴルファーからは、後ろにいる方の姿が、構えた時やバックスイング時に視界に入ってしまいます。ハッキリ言って邪魔です。

ティーショットを打つ方の視界に入らない場所に立って、打球の行方を見守りましょう。

パッティングにおいても、なるべくプレイヤーの視界に入らないよう注意しましょう。

マナーその2 素振りは人に向けてするな

これ一番うざいです。(笑)

ましてや相手が大切なクライアントの場合、言語道断の行為だと言えます。

自分のスイング確認に集中し過ぎるゴルフ初心者に多い気がします。

接待ゴルフでは、自分のプレーの前に、相手に迷惑をかけない事を優先的に考えて行動することが大切です。

マナーその3 前の組(他人でも)のショット前はお静かに

同伴者のに対しては当然のマナーですが、前の組に対しても大切なマナーです。

例え前のパーティーが他人だとしても、ルーティーンに入った段階からおしゃべり禁止です。

マナーその4 遅延、スロープレーは避ける

あなたのスロープレーで、大切なクライアントをイライラさせてはいけません。

大げさに言えば、あなたの遅延プレーは相手の時間を奪っているとも言えるのです。

遅延、スロープレーを防止する為の行動を下記にまとめておきます。

  • ロストボール、OBボールは原則探さない
  • さっさと打つ
  • ミスショット後は次打位置まで走る
  • 2打目以降はクラブを多めに持って行く
  • グリーン終了後はカートまで小走り

上記の行動を守り、相手のリズムを崩さないよう注意しましょう。

同伴者(クライアント)に「そんなに急がなくてもいいよ」と言ってくれるくらいが丁度いいと思います。

マナーその5 同伴者のプレーを見る、褒める

接待ゴルフの一番のメリットは、仕事を離れ、自然の中で大事なクライアントと1日を過ごせるという事。

相手のプレーやショットをリスペクトすることで、相手との距離が一気に縮まるはずです。

つまり「接待ゴルフ」の結果次第で、ただのビジネスパートナーという関係から、良きゴルフ仲間になることが可能なのです。

結果、今後のビジネスにおいてもプラスの影響が出ることはいうまでもありません。

具体的にはこうです。

自分のナイスショットは忘れてでも、クライアントの素晴らしいプレイを見逃してはいけません。

そして素直に心から「ナイスボール!」と声をかけましょう。遠慮はいりません。

前半終了後の食事中に、クライアントのナイスプレーを具体的に(何番ホールのどのショット)例を出し、素直にリスペクトしましょう。

接待ゴルフ 5つのマナーのまとめ

接待ゴルフで失敗しない為の5つのマナーを下記にまとめておきます。

  1. ショットするプレイヤーの視界に入らない
  2. 人に向けて素振りをしない
  3. 相手がルーティーンに入ったらお静かに
  4. 遅延、スロープレーをしない
  5. 相手のプレーを見る、褒める、覚えておく

「段取り」で仕事の8割は決まる

Apple iPhone 6 16GB シルバー 【docomo 白ロム】MG482J

ここまで紹介してきたマナーは、あくまでゴルフの「プレー中」に限ったことです。

仕事は、事前の「準備」と「段取り」が大切だと言われています。

僕自身、事前の段取り(調査、準備、会話のシミュレーション等)で、仕事は決まると確信しています。

つまり、「接待ゴルフ」の前日までの準備こそ、その成果を決めると言っても過言ではないのです。

具体的に「接待ゴルフ」前日までにやるべき準備を下記に紹介しておきます。

  • ゴルフ当日の天気をチェック
  • ゴルフ場へのアクセスを確認
  • 初めてのコースのゴルフ場のウェブサイトを確認
  • 相手先企業の情報をチェック
  • 前日は飲み過ぎに注意

ゴルフ当日は、ゴルフ場へ1番早く到着し、客の入り具合、コースの状況、スタートホールの確認などもしておきましょう。

電通マンに聞いた、接待ゴルフをビジネス成果につなげるコツ

漫画・電通鬼十則 (メディアファクトリー新書)
さて、お待たせいたしました。

あるイベントの打ち上げで教わった、やり手電通マンが実践している「接待ゴルフでの心得」をご紹介します。

接待ゴルフだけではなく、飲み会でも使えるとてもシンプルな事です。

その時の会話を以下にご紹介します。

僕:「田津宇さん(仮名)って、お客さんとゴルフには行くんですか?」

田津宇さん:「今のクライアントの担当になってから毎週のようにゴルフのお誘いがあるんだ。」

僕:「うへぇ、毎週ですか、それは大変ですね。」

田津宇さん:「もちろん、毎週は行けないけど全然大変じゃないよ。だってそれが仕事につながってるし、事実、超デカい案件も頂いたばかりさ。

僕:「さすがっすねぇ。ゴルフをどうやって仕事につなげるんですか?やっぱゴルフ中の待ち時間でサクッとプレゼンするとか?」

田津宇さん:「いや、ラウンド中、仕事の話はこちらからは一切しない。」

僕:「えっ?あ、食事中かプレイ終了後の夜の街で商談ですか?」

田津宇さん:「いや、相手さんはお酒は飲まないし、最近は接待も減っているんだよ。」

僕:「じゃぁ、どうやってゴルフをビジネスの成果につなげてるんですか?」

田津宇さん:「ゴルフの素晴らしいところは、年齢も、肩書も関係なく、男同士の仲間になれるという事。ゴルフ場だからプライバシーも完全に守られているし、誰にも邪魔をされることはないもんね。つまり、ゴルフを通してお互いの信頼関係が意識することなく構築されているって事。今では、お孫さんの進路まで相談されるくらいだよ。もちろんこちらからの個人的な相談の方が圧倒的に多いんだけどね。」

僕:「さすが、田津宇さん。具体的なコツってありますか?」

田津宇さん:「うーん。難しいけど、まぁ、あれだ。素っ裸だけど、気遣いと礼儀が超凄いみたいな。しかも素っ裸のくせにうちの会社のサービスを熟知してて、将来性を語りやがる、何なんだこのネイキッド野郎。タダもんじゃねーなと。そう、思ってもらうだけの努力はしているよ。」

僕:「はぁ。素っ裸ですか…。」

田津宇さん:「うん、フルチン。こっちがフルチンになれば、相手も仕方ないなあ、こっちもフルチンになるか。みたいな。そしで気が付いたらフルチン同士が肩を組んで笑ってる。そんな関係になれば絶対に仕事も上手くいく。だってフルチンだから何も隠せない。笑」

僕:「わかったような、わからないような。でも楽しそうですね。」

田津宇さん:「最高に楽しいよ。ホント、ゴルフは最高だよ。」

まとめ

長文、駄文、最後までお読みいただきありがとうございました。

今回はゴルフ接待、コンペで失敗しない為のマナーと、電通マンに教わったゴルフをビジネスにつなげる為のコツをご紹介しました。

少しでもビジネスパーソンの接待ゴルフの参考になれば幸いです。

最後に

日本特有の接待ゴルフについて知りたい方はこちらをどうぞ。

これぞ日本のおもてなしゴルフ。This is golf in Japan
世界中のゴルファーに日本のゴルフをご紹介。的な動画をご紹介します。 どんなときでも「ナイスショ...

ゴルフコンペの幹事さんにはこちらがおすすめ。

絶対目立つ!個性的ゴルフ帽子ベスト10。コンペ景品でもウケる!
ゴルフ用おもしろ帽子でコンペは必ず盛り上がる! 当サイトの以前の帽子記事、2016年決定版。紫...

ゴルフを愛するすべてのビジネスパーソンに「シェア」「いいね」をお願いします!

デキる人は読んでいる!マネジャー向けと営業マン向けのビジネス書はこの3冊で決まり。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事