これぞ日本のおもてなしゴルフ。This is golf in Japan

世界中のゴルファーに日本のゴルフをご紹介。的な動画をご紹介します。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

どんなときでも「ナイスショット」

カスあたりでも、テンプラでもとにかくまっすぐ行けば「ナイスショット!」。
これぞ思いやりと、敬意の表現方法。お祭りの「わっしょい」と同じ。
社長や上司に対して「ナイスショット」の声が大きければ大きいほど、出世の確率は大幅にアップです。
ビッグクライアントになればなるほど超ビッグな「ナイスショット」で商談成立を目指そう。
ただし、ショットの前に叫んだり、OB気味のショットには細心の注意が必要です。

OKボールはありまへん

親しい中にも礼儀と秩序とルールあり。
3パット、4パット、いやいや5パットでもOKは出しませんよ。
几帳面な日本人にOKボールはありまへんねん。

キャディーさんいつもありがとう

僕たちのようなへっぽこゴルファーに対しても、嫌な顔一つせず尽くしてくれる日本のキャディーさん。
キャディさんのおかげでまた一つ商談が成立しました。
たまには缶コーヒーではなく、感謝の気持ちをチップで表しましょう。
あなたの教えてくれるところに打てなくて本当にごめんなさい。

ディボットは自分で直す

自然のものにはすべて神が宿っています。
そう、八百万の神。芝生にも魂は宿ります。
日本のゴルファーは自分のディボットは自分で修復するのです。
スイングと後半のスコアが修復できないのはなぜなのでしょうか?

前半終了後はビールで乾杯

前半のスコアが良くても悪くてもビールで乾杯。
後半のスコアが悪かったのはビールを飲み過ぎたからにすぎません。
前半のスコアが悪かったのは二日酔いだからです。

ゴルフカートは自動運転がデフォ

日本のカートはGPSによる自動運転が当たり前。
あなたはプレーに集中するだけ。
そう、日本のゴルフ場ならね。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事