もう悩まない!ドライバーのチーピン原因は右膝にあり。チーピン防止3つのコツ

総合評価★★★★☆
YouTube評価数14|ためになる度90点|尺8分44秒|動画公開日2016/04/14
右膝

チーピンの原因と矯正方法。ゴルフは右膝が重要

恐怖のチーピン地獄に悩むゴルファーの皆様こんにちは。

四国のチーピニスト兼ため池ゴルファーのGolfBuzz(ゴルフバズ)の管理人です。

ため池ゴルフ練習場の記事はこちら。
香川県ゴルフ練習場一覧。なんと3割が「ため池ゴルフ練習場」だった

何を隠そう、前回のゴルフ(丸亀パブリックゴルフコースのBコース4番ミドルホール)で見事(?)にチーピンOBを披露した僕。

前半のスコアが37と、良かっただけにもう悔しくて悔しくて…。

そう、悔んで悩んで、涙を流しているだけでは何の解決にもなりません!

「悩む時間があれば解決策を考えろ」です。

知的生産の悩みはこの一冊で解決

今回は、ドライバーのチーピン原因が分かり、チーピン防止に速攻効果がある「右膝の使い方」のレッスン動画を発見しましたのでご紹介します。

2016年4月に公開されたばかり、イケメンゴルファー木村友栄氏(きむら ともはる)による、素晴らしいチーピン撲滅レッスンです。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

こんなゴルファーにおすすめのレッスン動画

  • ラウンド中、突然チーピンが出てしまう方
  • チーピンの原因を今すぐ知りたいゴルファー
  • チーピン防止、ドライバー飛距離アップのための「右膝」の使い方が知りたい方

お急ぎの方は動画の5分30秒頃からご覧ください。

チーピン防止は右膝を動かさない「キムトモのわかりました!」

動画のポイント|チーピン防止3つのポイント

  1. 右足つま先は飛球線に対して直角
  2. テークバックで右膝を緩めない
  3. バランスの良いフィニッシュを目指そう

ドライバーのチーピン原因と、防止方法を一つひとつ説明しましょう。

1.アドレス時の右足つま先は飛球線に対して直角に

ドライバーショットのスタンスを、あまり極端な八の字にしてしまうと、バックスイング時に体が回り過ぎオーバースイングになってしまいます。

オーバースイングからの振り遅れを嫌がって、手や腕だけでヘッドを返してしまうゴルファーが多いのです。

なぜでしょうか?

理由は簡単。「振り遅れ=100%スライスボール」になるからです。

つまり、振り遅れによるスライスを、手と腕で直すことがチーピンの原因なのです。

八の字スタンスから、右足つま先を飛球線に対して直角にすることで、チーピンの原因、オーバースイングによる振り遅れを簡単に、そして一発で矯正することができます。

2.テークバックで右膝を緩めない

テークバックで右膝の角度や形が変わる、ましてやトップで右足が緩んでいるプロゴルファーは一人もいません。

ゴルフのスイングにおいて、最も重要なポイントの一つがこの「右足を緩めない」という事。

すべてのショットにおいて、微動だにしないしっかりとした右足こそ、パワーの源であり、正確なインパクトを迎えるための絶対条件なのです。

上記で紹介した、「つま先は飛球線に対して直角」にする事で、右膝が緩みにくくなります。

正しい右膝の使い方をマスターすることで、チーピン矯正にも確実につながります。

3.バランスの良いフィニッシュ

左足にしっかり体重が乗った、かっこいいフィニッシュをマスターしましょう。

いきなり本番でかっこいいフィニッシュは出来ません。

普段の練習場でも最後まで振り切るスイングと、かっこいいフィニッシュを意識することが大切です。

バランスの良いフィニッシュがとれるようになると、自然とスイング軌道が安定し、突然のチーピンも防止することができます。

ご注意!こんなティーグラウンドはチーピンが出やすい

ゴルフ場のティーグラウンドは決してフラットではありません。

その理由は3つ。

  1. そもそもゴルフ場は山を削った土地に多く存在している
  2. 水はけを考慮して傾斜がつけられている
  3. コース設計者が意地悪(笑)

まあ、最後は冗談ですが、ティーグラウンドには必ずと言っていいほど傾斜がつけられているのです。

ゴルファーならこんな経験があるのではないでしょうか?

  • 練習場では打った事の無いようなチーピンが本番に限って出てしまう
  • よく行くコース、チーピンやひっかけがよく出る苦手なホールがある

もしかしたら、そのチーピンの原因、ティーグラウンドにあるのかもしれませんよ。

つまり、ティーグラウンドが左足上がりの傾斜の場合、体重が右足に残ったままで腰が回らず、手や腕だけでヘッドを返してしまっているのかもしれません。

手だけでクラブを返した結果、フックボール、ひっかけ、最悪の場合はチーピンになってしまいます。

チーピンを防止する為、ティーショットを打つ前に、少し離れた位置からティーグラウンドの傾斜を確認する事を強くおすすめします。

プロゴルファー木村友栄氏とは

プロゴルファー木村友栄氏
今回の動画で素晴らしいレッスンをしてくれているのは、1976年3月生まれ、青森県出身のイケメンプロゴルファーの木村友栄氏(キムラ トモハル)。

身長180㎝近くの恵まれた体から放たれる、パワフルかつ正確なショットを武器に、1995年日本学生ゴルフ選手権競技で優勝したという実力の持ち主なのです。

参考:wikipedia「日本学生ゴルフ選手権競技」

ちなみに、1994年の優勝者は日本大学の先輩の片山晋呉プロなんです。

ツアー今季初優勝の木村プロ

kimura003
画像:ATP GOLF TOUR公式サイト

最近では、2016年レッスンオブザイヤーにノミネートされたり、3月24日に成田ヒルズCCにて行われたATPツアーで今季初優勝を勝ち取ったばかりです。

これからますます目が離せないプロゴルファーの一人ですね。

何といってもイケメンですしね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は僕とあなたにピッタリ、チーピンの原因が分かる素晴らしいレッスン動画をご紹介しました。

チーピンの原因の多くは「右膝」にあるのです。

僕自身のおさらいの為、下記にまとめておきます。

  1. 右足直角アドレス
  2. 右膝の角度を維持する
  3. 左足体重で振り切るフィニッシュ

いざ本番のラウンドでは、ティーグラウンドの傾斜も頭に入れて、爽快なビッグドライブをぶっ放しましょう!

カスタマ評価星5つのチーピン矯正練習器具

最後に

悩みなし
あ、一つ書き忘れていました。

冒頭でご紹介した、僕の前回のスコアを37とお伝えしましたが、丸亀パブリックゴルフコースのAコースはPar30でした。

そーなんです、1オーバーではなく7オーバーです。そこんとこ夜露死苦!

こちらのチーピン記事も読まれています。

【号泣】ゴルフ辞めた理由第1位。ドライバーチーピンの原因と直し方

【保存版】チーピン原因と直し方が必ず分かる!チーピン矯正動画5本

チーピンで頭を抱えるすべての親愛なるゴルファーの為に「シェア」「いいね」をお願いします!

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事