もう嫌!原因不明ドライバーのチーピン。チーピン矯正は体の軸にあり

総合評価★★★★☆
YouTube評価数60|ためになる度90点|動画公開日2013/05/30

もう嫌!

By: Tripp

チーピンの原因と矯正法が分かる動画

朝一のティーショットでチーピンが、サービスホールのパー5でチーピンOB。

しかもそのチーピンの原因が分からず、最悪のスコアに…。
こんな経験があるゴルファーも多いのではないでしょうか?

今回は、人気のティーチングプロ坂本龍楠氏のチーピン矯正動画をご紹介します。

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)

こんなゴルファーにおすすめの動画

  • チーピンショットが突然出てしまうゴルファー
  • ドライバーもアイアンも引っかけてしまう方
  • チーピンの原因がさっぱり分からない方

練習場では捕まった強い球が打てるのに、いざゴルフ場に行くとなぜかチーピンが…。

その理由は八筒(パーピン)のように、まっすぐ棒立ちで最後までスイングしてみましょう。

チーピン、引っかけ、フックの直し方とは?坂本プロ

動画のポイント|まっすぐ立って振りぬく

  • ボールを捕まえようとする意識を持ちすぎない
  • アドレスで体の軸が右に傾いている人が多い
  • まっすぐ立って(軸を保って)スイングする

まとめ

チーピンとは麻雀牌の「七筒」のように、ほぼまっすぐ左方向に飛んでいく球筋の事です。

万が一、あなたがこの「チーピン地獄」に陥ったならば最後、ドライバーもアイアンも全てが左方向へ…。スライスであれば距離も出にくいのですが、このチーピンは超フック回転がかかる為、ボールがコロコロとどこまでも転がっていきOBにもなりやすのです。

Mr.チーピンの僕が言うのだから嘘ではありませんよ(笑)

実際にゴルフ場でチーピン気味の球筋が出てしまった時は、八筒(パーピン)を思い出してください。

八筒(パーピン)のように軸をずらさず、まっすぐ立った状態でスイングする事で、「ドラ」コンも夢ではありません!

くれぐれも普段より飛ばし過ぎて池に「チョンボッ」と入れないようにお気を付け下さい。

試した結果

Mr.チーピンの僕がその汚名を晴らすきっかけになったありがたい動画です。

ボールの球筋はあくまでも『結果』であり、その『原因』は必ずスイングにあります。

このレッスン動画が教えてくれているように、体の軸が曲がまがったままで、まっすぐな球筋が打てるはずがありません。

練習場でもゴルフ場でもひっかけ気味の球筋がでた時にこの動画を脳内再生するように心がけています。

ティーチングプロ坂本龍楠様、いつも素晴らしいレッスン動画をありがとうございます。

最後に

これで僕はチーピンを打たなくなりました。あなたにも共有します。

クリック1つで救えるチーピンがある。

当サイトの2つの記事を今すぐご覧ください。

【保存版】チーピン原因と直し方が必ず分かる!チーピン矯正動画5本

チーピン撲滅!チーピンの原因と直し方

全てのチーピンに悩むゴルファーの為に「シェア」「いいね」をお願いします!

スポンサーリンク
golfbuzzのレクダングル広告(大)
golfbuzzのレクダングル広告(大)

今すぐ、フォローミー!

おすすめ記事